性別によって服用できない薬

薄毛治療薬の中でも特に効果が高いとされるプロペシアですが、女性の服用は固く禁じられています。特に妊娠中の場合、服用だけでなく手で触れることも禁忌とされていますが、一体その理由は何でしょうか。
プロペシアはフィナステリドを主成分とする医薬品で、AGA(男性型脱毛症)に高い効果を発揮します。AGAというのは男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化し、それが毛根のレセプターに結合することで抜け毛を促進し、毛周期を乱した結果薄毛になってしまう、というもの。思春期以降に発症し、額の生え際か頭頂部、あるいは両方の髪が薄くなっていくのが特徴です。遺伝的な要因もあるといわれ、全国に1,200万人以上の患者がいるとされています。
プロペシアには5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、それによって薄毛の原因を抑え、毛周期を正常に戻してAGAを治療することができます。3カ月から半年、あるいは1年以上継続して服用する必要がありますが、その効果は非常に高く、クリニックでもよく処方される薬です。ただしこれはあくまで男性の場合であり、女性の薄毛治療には用いられませんし、女性は触れてもいけないとされています。というのも、妊娠中の女性の体内にこの成分が入った場合、胎児に悪影響を及ぼすからです。特に胎児が男の子だった場合には、生殖器の発育に異常が出る可能性が高くなります。手で触れただけでも経皮吸収によって体内に入ってしまいます。そのため、触れてもいけない、とされているのです。
女性が薄毛でクリニックの診察を受けた場合、プロペシアが処方されることはまずありません。しかし夫が飲んでいるプロペシアを妊娠中の妻が知らずに触れてしまう、ということのないよう、女性には禁忌であるということは知っておいた方がよいでしょう。

未成年服用が禁止されている医薬品

AGA治療薬のプロペシアは、2005年に厚生労働省に承認された事により、日本での販売も開始されています。その際に行われた1年間に及ぶ臨床試験では、実に98%の確率で進行が防止された事が報告されています。このために、飲む育毛剤とも呼ばれており、話題を集めています。

AGAの原因物質は、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTです。この物質が、男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞と結合する事により、細胞増殖を抑制する作用がある因子を誘導する事により、通常であれば数年間継続する頭髪の成長期が半年程度にまで短縮されてしまいます。このために、生えてきた頭髪は十分に成長するまでに抜けてしまうので、軟毛化して細く短くなります。

プロペシアは、テストステロンをDHTに変換する5α還元酵素の阻害剤です。このために、服用する事により、DHTの生産が抑制される事になります。毛周期が正常化する事により、頭髪は通常の成長を行えるようになるので、AGAの進行が止まる事になります。

ただし、DHTは本来は男性生殖器の形成に関与している物質であり、未成熟の段階でこれを抑制すると発育が阻害されてしまう可能性があります。このために、プロペシアは、未成年者の服用は禁止されています。さらに、妊娠又は妊娠している可能性がある女性、授乳中の女性も同様に禁止されています。

AGAは、DHTの生産量が増加する思春期以降に徐々に進行する脱毛症です。このために、未成年者でも発症する確率はゼロではありません。しかし、この段階においてはプロペシアを服用する事は出来ないので、まずは成人するまで待機する必要があります。ただし、毛根が機能を喪失しなければ改善する事が可能であり、不安を感じる事はありません。